どもりぐせの体験談

どもりぐせの体験談

10代の頃によく発生していました「どもり」体験談です。気になったらどもり 原因←クリック

 

例えば「あいうえお」と発音するのは難しくなく、あ行とわ行で困ったことはほとんどなかったのですが、相手の名前を呼んだり相手と話すとき、よくどもりが起きていました。

 

当時理由は良くわからなかったのですが、例えば「さ」と言いたい時に「ささささ・・・」とか最初に「さ」と発音するのが大変でした。唇に上手く力が入らなくなるのです。
話したいことが、頭の中で決まっていなかったということではないのですが。

 

そういう時は少し深呼吸をしてから落ち着いて話すなど、当時はかなり苦労した記憶があります。
今思い返すと、なぜか気持ちが落ち着かず、相手に対して変に緊張をしていたのかなとも思いました。

 

気が着いた頃にはそういった「どもり」もすっかり解消され、現在はどもりの症状は解消されたと思っています。どもりについて詳しく知りたいどもり 原因をチェック!

 

 

自分の体験上では、とにかく落ち着いて話すこと、話したいことを頭の中でまとめてから言葉に出すことが改善の理由になったと思いました。