パチンコ依存症の自覚がない怖さ

パチンコ依存症の自覚がない怖さ

 パチンコ依存症で怖いのは、本人にその自覚がないというところです。
 あんなにパチンコ やめたいのにやめられず困っている
パチンコを長くやり続けている人にとってパチンコをするのは食事や睡眠と同じで、生活の一部と化している人がとても多いです。そういう人に向かって「パチンコ依存症なんじゃないの?大丈夫?」と注意喚起を促しても、それが普通だと思っている人には、大したことでないといなされてしまいがちです。

 

 そして、パチンコ依存症の自覚がないため、そこにいくらお金を使ってもあまり罪の意識が芽生えないのです。生活の中で余ったお金をパチンコに投じるくらいならばまだ良いですが、それらで負けてしまって借金してパチンコをするようになったら社会生活の破綻が見えています。

 

 ですから、そうなってしまう前になるべく周りがストップをかけなければいけませんし、少し時間はかかってしまうかもしれませんが、根気強く説得してパチンコをやめさせることが、パチンコ依存症から脱却させるための手立てだと私は思います。
こんなにパチンコ やめたい時に力になれるサイトはコチラ